■鍵盤ハーモニカのメンテナンス

鍵盤ハーモニカは他の楽器に比べて壊れにくく設計されていますが、さすがにメンテナンスフリーではありません。
演奏前に少なくとも口の中をきれいにするといったことは勿論、水抜き等を怠ってしまったら音程が狂い演奏にも影響が出てきます。
演奏者として楽器のパフォーマンスを良好に保つためにもメンテナンスはきちんと行っておきたいものです。

■基本的なメンテナンス

〇外観部の汚れ拭き取り
鍵盤ハーモニカは元々初等音楽教育での使用を目的としているため他の楽器に比べて構造的に頑丈になっています。
楽器外観部は基本的にプラスティックあるいは金属になっているため、カバーや鍵盤等に対して水拭きをすることが可能です。
汚れがひどい場合には少量の中性洗剤や石鹸水を含ませた布で拭いた後に水拭きなりでぬぐえば問題ありません。

マウスピースは立奏、卓奏用共に流水で洗うことが出来ます。
管の中に半分ほど水をいれて指で蓋をして振るなどの方法で汚れ等を取り除くことが出来ます。
洗った後は内部を含めて拭くなどして水気を切ってください。マウスピースに付着した唇の粘膜は、石鹸で落とすことが可能です。

〇水抜き
楽器内部は金属製のリードがあり息を吹き込むため、どうしても結露した水蒸気や少々の唾液が溜まります。
そのままではリードが酸化してしまったり(ピッチが変わる原因になります)、 リードに付着した水が原因で一時的に音が出なくなったりするので(下記「吹き詰まり」参照)、

他の管楽器等と同様水抜きする必要があります。

楽器を斜め下に傾け、水を吸い取るための布を水の出る場所に当てます。
それから唾抜きのレバーやボタンを押し息を吹き込んで内部の水を外に排出します。

また、楽器を立てかけておくことで内部の水を抜くことが出来ます。
マウスピースを外した状態で息の入る側を下にして、ハンカチ等を下に敷いて立てかけて放置すれば中の水滴を出すことが出来ます。

〇その他注意
鍵盤ハーモニカのリードは真鍮やりん青銅といった銅の合金で出来ています。
比較的酸化しにくい合金ですが、砂糖等の入った飲み物を飲んだ状態の口で吹くと
かなりの早さでリードが酸化し、音程に狂いが出始めます。
また、食べカスなどの異物がリードに挟まるとその音は出なくなってしまうため、
他の吹奏楽器同様口の中の衛生には気をつけてください。

■吹き詰まり(音が鳴らない現象)

「吹き詰まり」というのは、簡単に言ってしまえば「リードが振動しないため音が鳴らない」という現象です。
不良ではなく対策出来るものであることをご確認ください。

〇水滴による吹き詰まり
いつもはきちんと音が出てたのに時々音が鳴りにくい、あるいは鳴らないという場合があります。
これは水滴がリードに付着してしまったことが原因です。

主に結露が原因なので一番の対策は楽器の中(リード)の温度を上げることですが
中が温かくなる前の場合、小刻みに息を入れる→吸うの繰り返しをしたり
吹きながら鳴らない音のキーを何度も連打するといった方法で鳴るようになります
主に吹き口に近い低音で起きやすいです。

〇息の入れ過ぎによる吹き詰まり
それぞれのリードには「息の強さに耐えられる限界」があります。
その強さを超えると振動すること自体が行わらず、音が鳴りません。

対策としては限界より弱い息で吹くことですが、レスポンス調整で改善することも出来ます。
詳しくはリート調整、調律のページをご覧ください。

なお、それぞれのリードには同様に「振動が出来るまでの一番弱い力」もあります。
これを下回る息だと音はなりません。これも気になる場合レスポンス調整で改善することがあります。
〇その他音が鳴らない原因
リードとプレートとの間に髪の毛やティッシュ片が挟まっている等の異物付着があります。
その他リードが折れるという場合もありますが、
この場合リードが半音以上下がってから鳴らなくなるという現象が起きます。

シンクレア民族音楽工房
Since 2001.3.28
Copyright(c)2001-2017
"Sinclair's Aterier of Folk Tunes", "Sing, R. Sing!", "Runanse Sing!"
All Right Reserved by "Pole" Nakao